Synthesizer V 日本語非公式 Wiki
Advertisement

SynthV Studio右端のに並んだアイコンの中で音符「♫」マークをクリックすると、ノートプロパティダブが表示され、音符のごとのピッチや声質を調整することができます。

Pitnt

この項目では、ピッチ関連の調節について解説します。

※以下のパラメータはスライダーを利用するだけでなく、「数字をダブルクリックすることで直接数値を入力することができます

ピッチ推移[]

タイミング[]

音程が移り変わるタイミングを変更することができます。

Pit tmg

長さ[]

音程が移り変わる速さを変更することができます。

Pit long

深さ[]

音程を大幅に跨いだ時に発生するピッチのブレを再現することができます

(※プレパレーションとオーバーシュートを再現することができます)

Pit dep

「深さ」の適応される範囲は「長さ」のパラメータによって決まります。

Pit rate

ビブラート[]

開始タイミング[]

ビブラートの開始するタイミングを調整することができます。

※ロングノートの場合、完全にビブラートを無くすことはできないので後述の「深さ」やパラメータパネルの「ビブラートエンベロープ」にて値を0にして下さい。

Vib str

右左[]

ビブラートの入り・抜き(フェードイン・アウト)のタイミングを調節することができます。

Vib fade

深さ[]

ビブラートのピッチの振れ幅を変更することができます。

Vib dep

周波数[]

ビブラートの周期(1秒に何回揺れるか)を変更することができます

Vib frq

位相[]

ビブラートがどの位置から開始するのかを微調整することができます

(前後のピッチによってビブラートが変な形になったときなどに重宝)

Vib faz

ゆらぎ[]

歌声に自然な揺らぎを加えたり、逆にゆらぎを抑えたりします。

Jit
Advertisement